一週間ぶりの更新になってしまいました。

先週の土曜日、京都まで最期のお別れに行って来ました。

独立して間もないある時期、進むべき方向を見失いそうになり、思うところあって一年半修業させていただいた、瓦業界では有名な瓦屋さんの総本山です。

あれから15年位経ちましたが、住宅の屋根に燻し瓦が葺かれなくなり、屋根仕事が激減してしまった現在、辛うじて生業として成り立っているのは、あの時の師匠のお陰です。

葬儀に参列された業界トップの方々や、多くの御弟子さんの長い列を見ていて、そんな事を思い感謝しながら、京都を後にした次第です。

その頃の前後の話はあらためて書こうと思います。

今日は終日大雨で、部屋で引越しの準備をしていました。後一週間で残った仕事を終わらせたいと思います。

 

 

 

 

                      

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『 現場休みます 』

次の施工例「『 本堂現場作業日誌 43 』

コメントする