P1020258.jpg

連休に故障したローライダーが昨日、修理を終えて無事帰還しました。

 

P1020263.jpg  P1020262.jpg

今回、交換した部品です。

ミッションケースの中のメインシャフトが貫通する、1、2速で回るギアの歯が2本折れていました。

青信号で発進した直後「ガキッ」となったのは多分ココです。

幸い折れた歯は、そのまま底に落ちていたそうです。

昨日、ハーレーのディーラーからの連絡で夕方引き取りに行き、約3週間ぶりに復活、肌寒い中を1時間自走して帰宅しました。

故障した事により、今まで知らなかった新しい事を学び、結果良い経験になりました。

2台共、30年以上前の2輪ですから当然故障します。旧車の心得「故障に学べ」「帰宅出来た事を心から喜べ」です。しかし、霧島の山の奥から無事帰還した夜に、その足でそのまま替わりを積み、続きを続行したんですから、懲りないオヤジではあります。。。

70年代を象徴する日米親善的、両社の両車。古い弦楽器の音色と一緒で、機械にも魂が宿る感覚があります。

ローライダーには、Zの爆発的、暴力的な加速は出来ません。Zには危なく止まりそうな、超低いアイドリングと、低速からトルクで回して行く力強さ、一発一発の爆発する鼓動、流す感じで走る気持ち良さはありません。

全くタイプの異なる弐輪の世界ですが、梅雨前の貴重な今の季節、もう一回、一泊ツーリングに行きたいと考え中です。

今回の教訓、「まずは自力で帰宅出来る範囲から」です。

 

 

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『 も う じ き 梅 雨 で す。』

次の施工例「『 弐 輪 の 轍 』 ~三拍子復活しました。~

コメントする