P1030712.jpg

裏の物置で、予備瓦を探していたら、大昔の巴瓦が出てきました。

よく見ると、表面は、ヘラで成型した様な模様、持つと、ずっしりとした重さがあります。

 

P1030710.jpg

この辺りは、宰府と言う地名ですが、宰府忠七さんが焼いた瓦か、太宰府で忠七さんが焼いた瓦か、どちらか分かりませんが、先達の心意気が感じられるような、梅鉢の巴であります。

 

P1030713.jpg

 

 

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『 超 富 裕 層 的 亜 細 亜 観 光 集 団 』

次の施工例「『 秋 桜 』

コメントする