P1030917.jpg

旅の目的である、甍技塾の総会と塾長のお墓参りも終わり、帰りの電車で途中下車、バスで向かった先は、前から来て見たかった大徳寺です。

今、日経の朝刊に連載中の小説「等伯」に、良く登場する山門です。門と言えど、大きさは普通の本堂くらいの大きさがあります。

この山門に、松林図屏風で有名な、長谷川等伯の壁画があるそうです。

そんな事を思いながら私はといえば、このダイナミックな隅棟に心打たれ、しばし、見入ってしまいました。

P1030918.jpg

そしてまた、バス移動。うっかり違う路線のバスに乗り途中下車。

地図を見ながら御所の横を歩いていると、檜皮葺きの立派な門、遠回りした分、なかなか見れない屋根仕事を見る事が出来ました。

P1030924.jpg

行った先は相国寺。今日の予定はここまでなので、日暮れまで時間かけて、見て回れました。

P1030927.jpg

 

P1030915.jpg

 

P1030928.jpg

降り棟と隅棟のシルエットがとても綺麗です。

 

 

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『 京 都 行 き 』 ~その1~

次の施工例「『 歌 会 始 』

コメントする