P1030947.jpg

 

熨 斗 く ず し  大 丸 ず く し 降 り 無 し 明 日 も 働 く

み ち の く の 空

                                   晴姿壱五枚はぜ

 

選者評

震災からもうじき1年、連日の7寸丸仕様の入母屋、寄棟の復旧工事、今の忙しさの後に来るものは何なのか、和型は生き残るのだろうかという、作者の心境が現れた、職人的歌人壱五枚はぜさんの作品です。

いつの日か、宮内庁から間違ってオファーがあった時には、藍染めの半纏と地下足袋で出席するのが夢だそうです。

 

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『 京 都 行 き 』 ~その2~

次の施工例「晴葺雨読 『 平 家 』 ~池宮彰一郎著~

コメントする