P1040306.jpg

「雨垂れ石を穿つ」と言うか、「虚仮の一念」と言うか、そんなことわざがピッタリくる、今日の仕事内容でした。

P1040310.jpg

P1040309.jpg

雨垂れの一念が開けた、銅板の穴です。20年かかったみたいデス・・・。

P1040314.jpg  P1040313.jpg

利いていると思ってバールで抜くと、途中で腐食していて、頭だけスッと抜けました。

P1040312.jpg

今回は、ステンレス鋼板に取り替えて、葺き直しました。

最近は、酸性雨の影響か、粘土瓦陶器瓦問わず、この手の雨漏りが多くなりました。

 

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『 林 田 弐 輪 商 会 』 ~ダンプ車検~

次の施工例「『 復 活 』

コメントする