yutokuinari1.jpg

ここは佐賀県にある、祐徳稲荷神社です。

長崎と福岡を行き来する時には、近くの国道を素通りするだけで、本殿の前まで入って、ゆっくりと参拝した事はありません。

 

yutokuinari2.jpg

境内に入るのは20数年ぶりになります。

朱塗りの楼門が立派です。平日のため参拝の人々はまばらです。

 

yutokuinari3.jpg

日本の3大稲荷の一つに数えられるだけあって、境内も広大で立派です。

本殿の屋根を上から見ると、複雑に入り組んでいます。

千鳥破風の反り曲線や箕の甲の落ち方が綺麗です。鬼の鳥衾も良い形で反り上がっています。

板金屋根は専門外ですが、こうやって他人の仕事を見て回るのも、重要な勉強の一つです。

 

 

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『 梅 』

次の施工例「晴葺雨読 『 ジョン・マン 大洋編 』 ~山本一力著~

コメントする