P1040772.jpg

今週の作業内容は、滑りやすくなったクラッチ板の分解、清掃です。

 

P1040773.jpg

プライマリーカバーを開ければこんな感じです。

 

P1040776.jpg

スチールプレートとフリクションプレートが交互に組んであり、1枚ずつパーツクリーナーで油分を拭きとります。

 

P1040783.jpg P1040784.jpg

順序を間違えないように再び組み上げて、無事終了です。

 

P1040785.jpg

スベリながら何とか結いでいたクラッチが、スムーズに異音も無く、チェンジ出来るようになりました。

今日も一つ、故障に学びました。来週は再度の車検です。

 

 

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『 太宰府天満宮文書館 ② 』 ~2003年~

次の施工例「『 太宰府天満宮文書館 ③ 』 ~2003年~

コメントする