bunshokan 099.jpg

瓦は三河産64判の単窯、鎬桟瓦です。JIS規格外の水返しもありませんが、値段は5割増しです。

 

bunshokan 062.jpg

妻側の雨切熨斗を終わらせて、箕の甲の掛瓦を葺き始めた段階です。

埃が飛ばないためでしょうか、瓦が白っぽくなっています。

 

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『 太宰府天満宮文書館 ④ 』 ~2003年~

次の施工例「晴葺雨読 『 ジョン・マン 望郷編 』 ~山本一力著~

コメントする