P1050368.jpg

鯱の取り外しは困難と思いきや、意外と簡単に外れました。

 

P1050369.jpg

中で支えていたのは、この鉄の棒でした。

 

P1050371.jpg

棟木に打ち込んだこの支持棒、錆だらけでしたが結構効いていました。

 

 

P1050370.jpg

鬼瓦に比べて意外と風化しておらず、まだまだ使えそうです。

口を開けたのと閉じたので雄雌1セットです。

 

P1050376.jpg

 

 

 

 

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『 御堂作業日誌3 』 ~ページ1~

次の施工例「『 御堂作業日誌1 』 ~ページ8~

コメントする