P1000056.jpg

今月から、長崎市内の御堂の現場です。

P1000060.jpg

使用する瓦は、奈良産一体型本葺き飛鳥瓦です。

縦桟工法なので、縦桟の通りが重要になってきます。

P1000065.jpg

鎖弛みで横桟を打ちます。野地修正の作業は手間がかかりますが、これに手間をかける事により、葺き上がりが綺麗な屋根になります。

 

 

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『工事実績更新しました。』

次の施工例「『 御堂瓦葺き工事 』 ~その2~

コメントする