P1000274.jpg

瓦は、既存の奈良の一体型本葺き瓦を再使用しました。

 

P1000283.jpg

葺き替え前は甍巴はありませんでしたが、熨斗瓦だけで積んでしまうと不格好なため、今回は新設しました。

 

P1000290.jpg

降り鬼も、前より瓦1枚分前に立てました。

 

P1000291.jpg

 

P1000298.jpg

雨切熨斗は前包みが低く、手前で葺き直しました。

 

P1000296.jpg

先月からの寒波による悪天候のため、だいぶ遅れて完了しました。

 

 

Clip to Evernote
 

前の施工例「『 鐘楼瓦葺き工事 』 ~その1~

コメントする