P1010435.jpg

 

P1010439.jpg

 

P1010444.jpg

 

P1010462.jpg

 

P1010450.jpg

 

P1010448.jpg

 

P1010502.jpg

 

 

P1010476.jpg

 

P1010510.jpg

 

 

 

P1010003.jpg

 

P1010005.jpg

 

P1010007.jpg

 

IMG_0415.jpg

 

 

P1010024.jpg

 

IMG_0424.jpg

 

IMG_0426.jpg

 

 

P1000632.jpg

 

P1000637.jpg

 

P1000644.jpg

 

P1000654.jpg

 

P1000655.jpg

 

 

 

P1000630.jpg

 

 

P1000625.jpg

 

 

 

鯱瓦(平戸城天守閣).JPG

 

 

P1000614.JPG

解体前の天守閣大屋根です。

棟内部はコンクリートでがちがちでした。鯱は鋳物で棟からのボルト4本で固定されていました。

 

P1000624.JPG

唐破風の素丸は、素丸を立てた上に素丸をのせた、抱丸みたいな感じの状況です。

 

P1000622.JPG

 

P1000621.JPG

躯体がコンクリートのため、垂木をアンカー打ちして野地を作ってありました。

 

P1000616.JPG

 

 

 

 

 

IMG_0163.jpg

平戸城の天守閣葺き替え工事に着工します。

4層屋根勾配唐破風の付いた天守閣です。

 

IMG_0160.jpg

 

 

IMG_0152.jpg

 

 

IMG_0151.jpg

 

 

IMG_0153.jpg

瓦は、奈良の8寸判本葺き瓦が葺いてありました。約60年前の瓦ですが、焼き締まって丈夫なため、ここまで保てたという事でしょうか、当時からの瓦の品質の高さを物語るようで、頭が下がる思いがいたします。

 

IMG_1209.jpg

 

P1000433.jpg

新しく使用する瓦は、三州産9寸判本葺き、今回も同じ唐草模様の型を作って焼いてもらいました。

 

IMG_0073.jpg

 

 

 

IMG_0080.jpg

IMG_0610.jpg

 

 

IMG_0611.jpg

 

 

 

 

IMG_1231.jpg

 

IMG_0189.jpg

 

IMG_0190.jpg

 

 

IMG_0278.jpg

 

 

IMG_0194.jpg

今日からこの地蔵坂櫓の葺き替え工事です。

 

IMG_0195.jpg

掛巴と刀根丸は修理したのか、新しい瓦が葺いてあります。

 

P1000456.jpg

 

P1000464.jpg

 

P1000463.jpg

 

P1000465.jpg

この櫓だけはRC構造でした。瓦桟は躯体にアンカー打ちで留めです。

 

P1000466.jpg

 

P1000467.jpg

 

P1000498.jpg

 

 

P1000497.jpg

横桟のアンカーがしっかりしていたため、間の空間は白漆喰で埋めてしまいました。

 

P1000585.jpg

 

P1000587.jpg

 

P1000594.jpg

 

P1000598.jpg

 

IMG_0303.jpg

 

IMG_0305.jpg

 

IMG_0306.jpg

 

IMG_0301.jpg

 

IMG_0300.jpg

 

 

 

 

 

 

IMG_0178.jpg

現在、この建物は入場券売り場になっています。

使用する瓦は、53判和型粘土瓦です。

 

IMG_0297.jpg