P1000274.jpg

瓦は、既存の奈良の一体型本葺き瓦を再使用しました。

 

P1000283.jpg

葺き替え前は甍巴はありませんでしたが、熨斗瓦だけで積んでしまうと不格好なため、今回は新設しました。

 

P1000290.jpg

降り鬼も、前より瓦1枚分前に立てました。

 

P1000291.jpg

 

P1000298.jpg

雨切熨斗は前包みが低く、手前で葺き直しました。

 

P1000296.jpg

先月からの寒波による悪天候のため、だいぶ遅れて完了しました。

 

 

P1000172.jpg

本堂横の建物に着工しました。

入母屋の屋根に奈良産一体型本葺き瓦を使用します。

 

P1000188.jpg

棟部に換気瓦のユニットを取り付けました。

 

P1000189.jpg

 

P1000190.jpg

本体は、棟下に隠れてしまいますが、屋根裏の空気を循環させる、大事なパーツとなります。

 

 

P1000159.jpg

今週から下屋工事です。

連日の猛暑からしばらく、逃れられそうです。

 

P1000162.jpg

複雑な造りの屋根のため、考えさせられました。

 

P1000218.jpg

 

P1000216.jpg

 

 

 

 

 

IMG_0719.jpg

隅棟に移りました。

鬼は1尺3寸で、捨て熨斗3段の割り熨斗それぞれ2段と3段に、8寸幅の亀衾で仕上げました。

 

IMG_0721.jpg

4本目まで無事完成いたしました。

P1000246.jpg

 

P1000245.jpg

 

P1000237.jpg

 

IMG_0726.jpg

御堂本体が終わりました。

来週からは、下屋の屋根工事です。

 

 

 

P1000130.jpg

今日から降り棟の施工に移りました。

 

P1000138.jpg

捨て熨斗3段に割熨斗4段で完了しました。

 

P1000142.jpg

1本目終了です。

天気が良過ぎて南蛮漆喰がどんどん乾くため、間髪入れずに葺かないとすぐ固まってしまいます。

 

 

 

P1000112.jpg

大棟8段目の施工状況です。

 

P1000127.jpg

熨斗12段目で完了しました。

棟込み紋も丁度良い大きさで、バランス良くおさまりました。

 

P1000125.jpg

今日で大棟が終了しました。

今年の梅雨はなかなか雨が降らず、工程的には助かりますが、連日の真夏日ですでに夏バテ気味です。

2週間位は降っていないと思います。大雨も困りますが、少しは降ってもらいたいものです。

 

 

 

P1000079.JPG

今日から箕の甲部の掛け瓦施工に入りました。

 

P1000083.JPG

この部分も全て乾式工法です。

巴瓦は金鎖ビスで緊結、平瓦も空葺きです。

 

P1000081.JPG

箕の甲の落ちが浅いため、素丸だけでおさまる予定です。

 

 

 

P1060673.jpg

雨切熨斗が終わりました。

 

P1060669.jpg

 

P1060667.jpg

今日で全行程が完了し、無事に完成いたしました。

屋根工事に御協力いただいた皆様に、心より深く感謝申し上げます。

 

 

P1060619.jpg

隅棟1本目を施工中です。

 

P1060620.jpg

 

P1060670.jpg

4本目隅棟が完了しました。

 

P1060628.jpg

残すは、雨切熨斗のみとなりました。

丸4ヶ月かかったこの現場もやっと完成いたします。

 

 

P1060606.jpg

今日から降り棟です。

上下移動なので、かなり体力を消耗します。

 

P1060616.jpg

4本目の降り棟が終了しました。

明日から隅棟です。