最近の投稿

 本堂現場作業日誌(宮崎編) №8

090613 05.jpg

平の部分は、横桟に縦桟を打って瓦をはめ込む、縦桟工法です。

縦を入れることで、瓦がグラグラしないのと、野地の不陸が修整出来ます。