最近の投稿

 本堂現場作業日誌(長崎編) №3

090704 01.jpg

下屋の屋根が終わり、これで全ての作業が完了しました。

090704 02.jpg

今年1月から入って、途中2ヶ月抜けて今日、無事、全工程が終わりました。

来週はアパートを掃除、荷物を出して引き渡せば完了です。

この1週間足らずの仕事のために、留守のアパートの家賃を2ヶ月分も払ってしまいました、、、。

下の階のフィリピンの青年団もいつの間にか見かけなくなってしまいました。

今年は年末から来年にかけて、ここより一回り大きい御堂に入る予定です。

いつも思う事ですが、あと20年、30年経てば、自分が生きているか、死んでいるか分かりませんが、自分が手がけた仕事が良くても悪くても、残っていくという怖さと責任感を感じます。

現役で何歳まで葺けるか分かりませんが、それまでに自分の片腕になってくれる人材を、一人でも多く育てておかないといけません。